カテゴリ:307番地( 8 )

初めての。。。


出張。。。


で。

コトーが名古屋に行きました。。。

初めての

一人新幹線。。。

初めての

東京より西。。。



私とモノはのびのびとお留守番。。。

もちろん夕飯はお寿司でした。。。
[PR]
by himanagogo | 2007-10-04 21:15 | 307番地

11/10 お誕生日会

11月10日は
私の初甥っこ(兄の長男)の9歳の誕生日!

と、いうわけで
307番地の面々が集合し
なぜか大トロではなく

「中トロが食べたい」

という渋い主役のリクエストにお答えして
隣町のお寿司屋さんで
和風なお誕生日会が催された。。。

参加者は
兄家族(兄夫婦と子供たち3人とお嫁さんのお父様とお母様)
姉家族(姉夫婦と子供2人)


妖怪


の総勢13名。。。

私は妖怪の隣に席を陣取った。


初甥っ子が生まれたのは
私が高校3年生のとき。。。

あれからもう9年。。。
え~!9年!?

私も立派なおばさんだ。。。

というわけで
下の写真は
ケーキ屋さんであるお嫁さんちの実家で
お父様とお母様が作ってくださったケーキ。。。

絵に描いたように
すばらしく模範的な
誕生日ケーキ。

お見事。







a0049917_13195411.jpg

[PR]
by himanagogo | 2006-11-11 13:35 | 307番地

307番地 その6 ばあちゃんの音声認識システム

ばあちゃんはクリームのことを
クリュウムという。

アイスクリームはアイスクリュウム。
クリームシチューはクリュウムスツー。
発音がいいんだか悪いんだか。
カタカナは難しいとはいえ
原文よりも複雑になっている。
ばあちゃんの音声認識システムは
日本語には対応していないのだろう。。。

イラク情勢を見ては
「おっがねごたな、セイフン。。。
(怖いわね、フセインは)」
と世を嘆き。。。

渡る世間は鬼ばかりを見ては
「めんこいごだなぁ、えなりかずなり」
と韻をふみつつえなりかずきを愛で。。。

「名古屋にあんのはシャカホコ!」
と孫に日本文化を伝える。。。

愛らしい
ばあちゃんの音声認識システム。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-04-20 12:38 | 307番地

307番地 その5 妖怪の弱点

私の実家
307番地に住む妖怪
うちのばあちゃん。。。

前回
うちのばあちゃんの怖いものの一つは
「恐竜」
であると書いたが
ばあちゃんには他にも
怖いものがある。。。

それは。。。

「雷」

ドリフターズ好きのばあちゃん。
高木ブーのかみなり様姿には
大爆笑するものの
やはり
本物のかみなりは大の苦手のようだ。。。

ばあちゃんの
雷への対処法は
まず
家中のカーテンを閉め、自分の視界から稲光をシャットアウト。。。
次に
スプーンとフォークを戸棚にしまい、落雷を防ぐ。。。
そして
蒲団を被って寝る。。。
実に的を得た対処法である。
しかし
ばあちゃんは自分の頭が
かみなり様と同じヘアースタイルであることには
気が付いていないのだろうか。。。

そんなばあちゃんではあるが
この歳になってもなお
情報収集には事欠かず
最近では国際情勢なんかにも
関心があるようだ。。。

「おっかねごだなぁ、北朝鮮は(怖いね、北朝鮮って)
前にトナリ町であったあの○○さんの行方不明。。。
オラ、思うけんども、あれもんだど。。。(私は思うんだけど、あれもそうだと思う)
あれはガチだな。。。」

惜しい。。。
拉致ね。。。

いろいろと
深刻な状況に陥ろうとも
307番地ではいつも
ばあちゃんの一言に
笑顔をもらっている。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-04-19 00:51 | 307番地

307番地 その4  妖怪再来

 
やっきに~く、やっきに~く、ほ~いほい


とは
夕飯が焼肉の時
自分の部屋から茶の間入場までの間に
ばあちゃんが歌う
「SUKIYAKI」ならぬ
「YAKINIKU」のテーマソングである。。。

ばあちゃんはとにかく
食べることが大好きだ。。。

ばあちゃんの夕飯は
南部鉄器製の鐘の音で始まる。。。
裏の畑もしくは隣の姉さんの家で
日が暮れるまで遊びまわっているばあちゃんは
夕飯の時刻になると
鉄製の鐘を鳴らされて
その音を聞いて戻ってくる。。。
よく覚えたものだ。。。
私がいた頃は私がその鐘を鳴らす係で
それに加えて畑中に響き渡る大きな声で
「ばーあーちゃーんごはーーーーーん!!!!!」
と叫ばなければならなかった。
おかげで、腹から声を出すことに自信がある。。。

夕飯のときばあちゃんは
実に巧妙に
嫌いなものを残す。。。
味噌汁も見事に根菜を残し
目を盗んでは犬猫に与える。。。
「これなんだべ。。」
とおかずをさして言ったなら
それは
「これ食べたいなぁ」の合図。。。
別になんであろうと構わないのだ。。。

それと
夕飯にはビール
一人で飲むのは申し訳ない

ビールを飲みたいときはまず他人に勧める。。。
缶ビールが余ったときは
ティッシュを丸めて蓋をし
またあとでこっそり飲む。。。
のどごしなどどうでもいいのだ。。。

そんなばあちゃんだが
こわいものもある
そのひとつが
「恐竜」だ。。。

小学校2年生のころ
恐竜好きだった私は
夏休み図書館で恐竜図鑑を借りてきた。。。

いまでもそうだが
トイレで本を読む癖のある私は
夏休みの間
トイレで恐竜図鑑を楽しんだ。。。
しかし
夏休みがおわり
本を図書館に返却しなければならなくなったとき
どうしてもその本が見つからない。。。
泣きながら家中を家族総出で探したが
結局その本は見つからなかった。。。
しばらくして
ばあちゃんの様子がおかしいことに気がついた母が
ばあちゃんを問い詰めると
なんと
ばあちゃんは恐竜図鑑の表紙の恐竜の目が怖かったから
その本を燃やした
と白状したのだった。。。

仕方なく母は
新しい恐竜の本数冊を
学校の図書館に寄付することにした。。。
そのため私の母校には
私の名前で寄贈された本がある。。。
その本には私のフルネームがでかでかと書かれ
その横に「より寄贈」
となっている。。。
しばらく図書館には恥ずかしくていけなくなった。。。

その後
我が家では
物がなくなったらまず
ばあちゃんに聞く
というルールが生まれた。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-03-31 14:28 | 307番地

307番地 その3 3兄弟

昨日の夕方
1人家ですることもなく
いまさらながら
ピアノでツェルニー40番の練習曲
という
退屈な練習曲を無心に弾いていたところ
姉から電話があった。。。

私は3人兄弟の末っ子で
上から兄・姉・私
兄と姉は年子で
姉と私は6つ違い。。。
だから

兄姉         私

といった感じになる

で、姉からの用件は
兄夫婦と姉夫婦と妖怪で
新しくできたインドカレー屋さんに行くのだけど
一緒に行くかい?
というものだった。。。

うぅぅ
行きたい。。。
けど、6丁目1番は今日ハンバーグ。。。
しかもコトーはまだ仕事中。。。
しかも私は朝起きたままの格好。。。
で、みんなはもう車で向かっている。。。
などなど
の理由で
今回は行かないことにした
うぅぅ。。。

姉の電話の向うでは
一緒に乗っているらしい妖怪が
なにやら騒いでいた。。。
「カレーがぁ?カレー食いさ行ぐのがぁ?」
焼肉とバークの次にカレーが好きなばあちゃん。。。
しかもカレーといえばかたくなに「ライスカレー」
ばあちゃんの辞書に「カレーライス」はない。。
インドカレー初体験のばあちゃんを生で見たい!
後悔の念が押し寄せる。。。

そして
私としゃべりたいというばあちゃんの希望で
しばらくぶりにばあちゃんと会話をした。。。
「大丈夫がぁ?さっぱうちさこねぇでー」
「火の元気をつけろよー」


うぅぅ
ばあちゃんと外食なんて
またできる機会があるんだろうか。。。


とても切なくなった

で、電話を切ってしばらく。。。
やっぱ行こうかな。。。
と思って姉に電話をしてみると
「いいよいいよ、別に来ることないよ」と
あっさり言われ
なんだかすっきりした。。。

うちのお姉ちゃんは
えらくクールだ。。。

ついでに

うちのお兄ちゃんは
ひどく陽気だ。。。

小さい頃は
2人で末っ子の取り合いをして
けんかになったりしていたものの

今では
末っ子=バカ
呼ばわり。。。

クールに「バカ」

陽気に「バカ」

ちょっとつらい。。。

そんなわけで
家族大集合の機会に
最近ずっと姿を現していない末っ子。。。

確かに「バカ」だけど。。。

つづく。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-03-22 09:50 | 307番地

307番地 その2 妖怪図鑑

ヒマな上に
やる気もおきないので
今日も307番地の話。。。


307番地に住む妖怪

うちのばあちゃん

について。。。


うちのばあちゃんが妖怪と化したのは
かれこれ十数年前。。。
私が中学生の頃だ。。。

と、いうよりは
私は中学生の頃やっと
うちのばあちゃんが妖怪かもしれないということに
気がついたのだ。。。

大正10年生まれのうちのばあちゃん。。。
大正・昭和・平成と時を経た今でも
相変わらず元気に作動している。。。
不思議でしょうがない。。。

元気の秘訣は何なのか。。。

まず、ばあちゃんは
自分のことが大好きだ。

ばあちゃん曰く、
「はなすじはスーッと通って、目はパッチーっとすてんだぁ」
ということだ

カメラを向ければ
お澄まし顔で
人差し指を頬にあて
「ボーノ」のポーズでにっこり。。。
ばあちゃん定番の決めポーズだ。。。
写真ができたら厳しくチェック。。。
もちろん写りが悪いのはカメラのせいだ。。。

口癖は
「しゃね、オラ。(私は知りません)」
とにかく
何事も自分のせいではない。。。

そういえば自分のことは
いつのころからか
「オラ」(以前はオレだったのだが。。。)
と呼ぶ。。。
日本昔話と孫ごくう以外に
一人称がオラの人がいるとは。。。


ついでにばあちゃんは
ものすごい色黒だ。。。
日焼け顔が流行るずっと前から
ばあちゃんは焼き続けている。。。
でもばあちゃん曰く
本当は色白らしい。。。

まぁ、そんなばあちゃん。。。

羽田のことは「ハネタ」といい
成田のことは「ナリダ」と呼ぶ。。。
ハンバーグと焼肉が大好きで
けどハンバーグを「ハンバーク」と呼ぶ。
略して「バーク」
何度言っても醤油は「ショウイ」。。。略して「ショイ」

若い頃
東京に行って皇居の草むしりをしてきたことが自慢で
電動自転車は電気代がもったいないからとっいって
バッテリーを外して乗る。。。

隣に住むばあちゃんの姉さんと
毎日おしゃべりを楽しみ
間違った情報を仕入れてくる。。。

長靴は切ってショート丈にする。。。
冬に来た長袖は
夏には切って半そでにする(次の冬はどうするんだ。。。)。

孫にくそババぁと言われて
卍固めをかけられても
5歳のひ孫に
もじゃもじゃあたまー!と
馬鹿にされても
ばあちゃんは笑顔で
蹴り返したり
去り際にオナラをしたりして
耐え忍び。。。

しかし
たまにばあちゃんの部屋をのぞくと
ひ孫たちに囲まれ
一緒に氷川きよしを熱唱したり、
一緒に踊りを踊ったり、
なんだかほほえましい。。。

そういえば私も小学生の頃
まだ妖怪とは気がつかず
ばあちゃんの部屋で
いつ作ったかわからない
特製イチゴジュースご馳走されたり
一緒にカルタをしたりしていたものだ。。。

そんなばあちゃんの元気の秘訣は
まぁ、ストレスをためない
ということだろうか。。。

今となっては
褒めちぎりたい。。。
ばあちゃん。。。


いや
まだ生きてるけどね。。。

とにかく
3人のひ孫と
孫夫婦、息子夫婦に囲まれて
日々を過ごすばあちゃん

そんな老後がうらやましい限りです。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-03-15 11:20 | 307番地

307番地

とある地方都市から電車で35分
駅から歩いて30分

見渡す限り広がる田園
いや

園(その)

というより

んぼ

見渡す限り広がる田んぼ

307番地

私の生まれ育った町

コトーも生まれ育った町

その町に宅配ピザ屋ができたのは
私が高校生の時

その町にマクドナルドができたのは
私がその町を出てから
数年後

まぁ
何もない

外灯もないから
中高生の頃
オリオン座をめざして
田んぼ突っ切る砂利道を
自転車に乗って家まで帰っていた。。。

そんなとこ

この町のいいところは
変わらないところ

何年経っても
変わらない風景

いつ帰っても
同じ風景

そこに住んでいる人だけが
いつの間にか年を取っている。。。

そんなとこ

しかしまぁ
307番地に住む 妖怪
うちのばあちゃんだけは
私が生まれたときからばあちゃんで
相変わらず
今もばあちゃんだ。。。

つづく。。。
[PR]
by himanagogo | 2006-03-14 10:37 | 307番地